不倫・浮気は総合的に考えてデメリットしかない

36

不倫や浮気はインターネットや書籍で「認めている」意見もあるかもしれません。

また不倫はして当たり前のものと思っている人も少なくありません。しかしそれらは社会的、法律的に見てとても大きなデメリットをはらんでいることを知っておくことが必要です。

逆に不倫や浮気のメリットとは何か・・・ということですが、好きな人と一緒にいられる、結婚相手以外の異性と関係を持つことができるだけです。

「刺激的」「ロマンチック」というメリットは実は存在しません。刺激的等と感じるのは、非日常的なものを求めているだけであり、不倫相手に魅力があるとは限りません。不倫相手と結婚をしたら、それにともなって刺激がなくなってしまうこともあります。

この刺激的やロマンチックというのは、言ってしまえば判断力を低下させる、価値観をおかしくさせるデメリットと言えるでしょう。

この刺激やロマンに全てを注ぎ、不倫をし、家族を崩壊させた結果、非日常がなくなってしまい、何も感じなくなってしまえば、百害あって一利なしと言ってしまっても良いでしょう。

 

唯一のメリットというのも非常に薄いメリットとなります。

デメリットはどのくらいあるのかというと、限りなく多くあります。トラブルを起こせばそのトラブルの分だけデメリットは増えていきます。またそのトラブルを回避する手段というのは「不倫」というものがあるだけで、既になくなっていると言えるでしょう。逃げ道はほとんどありません。

 

現代社会(昔もそうかもしれませんが)は不倫を軽く考え過ぎている面があるでしょう。不倫をしているというだけで、自分を守ってくれるものは非常に少なくなります。

不倫の結果生まれてしまった子どもがいた場合、その子どもはどれだけ多くの迷惑を受けていくかはわかりません。大人の身勝手、個人のわがままに多くの人を巻き込んでいく行為です。決して不倫は認められるものではありません。不倫を認める情報に左右され、間違った選択をしないように注意が必要です。

 

芸能人等の不倫と一般人の不倫は基本的に同じ

芸能人等の不倫はどこかおもしろおかしく取り上げられる事がありますが、その裏で何がどのように動いているのかはわかりません。

不倫によって消えてしまった芸能人というのもいることになります。メディアで明るく話をしている人も、テレビで写らないところで多くの苦労をしています。

そのため一般の不倫と大きく変わりはありません。芸能人が不倫をしているから、どこか身近なものに感じてしまうかもしれませんが、不倫の裏にあるトラブル等をメディアが報道することはまずないと言えるでしょう。

 

男女の関係は甘く考えていると取り返しのつかないことになる

男女の関係で「殺人事件」になってしまう例はこれまでにいくらでもあります。

男女をめぐって殺人をするというのは前時代的と思ってしまう人もいるかもしれません。しかし、不倫による殺人というのは2015年現在でも発生しています。

不倫相手のパートナーが邪魔であるから殺してしまうこともあれば、不倫がばれそうになり、ばらそうとしている人を殺してしまうこともあります。不倫が殺人に発展することもあると考えると、不倫は決してゆるされるものではないことがわかります。

不倫の結果正当な関係を持つことができたとしても(離婚などを通して・・・)不倫を通して出会った相手であるので、生活をしていく中で「また不倫をしているのではいか」とお互いが相手に疑問を持ってしまうこともあるようです。それゆえに男女のもつれが発生してくることもあります。

不倫の結果、想いが通じたとしても、その先に待っているのは「破滅」であることが多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る