不倫は女性にとってリスクが大きすぎる行為

33

不倫関係の中で、妊娠をしてしまうという可能性も当然あります。妊娠をしていった際不倫関係と、出産、中絶はどのようになっていくのかを紹介します。

出産をするか、中絶をするかは、妊娠をしている女性の自由です。

(このケースの場合、わかりやすいように夫婦で不倫をしているのは夫とし、不倫相手は第3者の女性ということになります)

不倫をしている男性はこの第3者の女性の出産をしたいという意思を拒むことはできません。中絶をする場合には女性の同意が必要であり、不倫をしている男性と第3者の女性が同意をすることで、中絶をすることができます。中絶の際の費用は多くの場合、不倫をした男性と女性が半分ずつ出していくことになります。中絶に関して不倫している男性に慰謝料を請求することは基本できないと考えておくべきです。(中絶の同意があるため)

出産をしようとする場合、第3者の女性の自由ですることができます。生まれてきた子どもについてですが、不倫している男性の「認知」が必要になります。不倫している男性が認知をすることで、その不倫している男性が生まれてくる子どもの親になります。

この認知は、ほとんど不倫している男性に拒否権はないと言えます。一応認知をするかしないかを男性が判断し、決めることはできるのですが、第3者の女性が認知して欲しいと裁判に訴え、遺伝的に男性の子どもであると認められた場合「強制的」に不倫をした男性に認知をさせてしまうことができるのです。

不倫をした男性は認知をしていくと同時に、養育の義務が出てきます。そのため第3者の女性は不倫をしていた男性に養育費の請求をすることができます。

男性の視点から見ていくと、妊娠をしてしまった場合、出産するよりも中絶してもらったほうが負担が少なくなるのは明らかです。そのため中絶をしてもらうために多額のお金を第3者の女性に支払うことも珍しくありません。

 

どっちみち第3者の女性は慰謝料を請求される可能性は高い

上記の説明では、明らかに「妻」の視点が抜けています。不倫をしていた男性の妻は、どのような行動に出れるのかというと、出産しようが、中絶しようが第3者の女性に慰謝料を請求できる可能性はとても高いです。第3者の女性にとっては慰謝料の請求をされる可能性がとても高くなります。

そのため第3者の女性は、出産をしても慰謝料の出費が出てくる、中絶をしても慰謝料の出費が出てくることになり、生活が苦しくなるリスクを背負うことになります。

不公平のように思えますが、男性と女性では不倫をして妊娠をした結果、その負担の重さは平等ではありません。圧倒的に女性のほうが負担は大きくなるでしょう。ゆえに女性の不倫というのはとても大きなリスクを潜ませていることになります。

 

※上記の説明は、夫婦の夫が不倫をして、第3者の女性が妊娠をしていきましたが、夫婦の妻が不倫をして第3者の男性の子どもを妊娠してしまっている場合も大きく変わりません。

不倫の一番の犠牲者は不倫をされているパートナーです。不倫をしている相手とトラブルになって法的に対処しようとしても、法律は一番の被害者となり得る不倫をされているパートナーを守るように働きます。

不倫は非常にリスクの高い行動であることを多くの人がもっと知るべきでしょう。中絶や出産というのは言葉にするとそれほど大きなことに思えないかもしれませんが、人生を左右する出来事になり得ます。また生まれてくる子どもにとってみれば、不倫という出来事は子どもの価値観に大きな支障をきたしてしまうリスクもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る