不倫とDVはどちらが社会的に不利か?

17

不倫とDVではどちらのほうが社会的に不利かというのは意外と深刻な悩みになってしまっている人は多いです。

というのも、不倫をする背景にはパートナーのDVがあることが多いです。

 

不倫とDVはどちらが社会的に不利

DVを受けており、その生活が嫌になり、他の人と不倫や浮気をしてしまうというものです。

この場合ですが、結果から言ってしまうと、不倫が原因で離婚になる場合であれば、不倫をした側の責任が大きく、DVが原因であれば離婚をした場合の責任はDVをしていた側に大きくあると言えます。

このような背景はありますが、一般的にDVを受けていて不倫をしてしまった場合の多くは、不倫をした人のほうが責任は大きくなりがちです。

非常に悪質、ひどい、DVである場合は、当然DVをしていた側の責任が大きくなりますが、一般的には不倫のほうが不利になると言えるでしょう。

 

これは慰謝料において特に顕著に出てきます。DVが原因の不倫の場合、「不倫をした側の慰謝料が減額される」という扱いを受けることが多くなります。これは一見して不倫をしている側が有利のように思えてしまうかもしれませんが、不倫をした側が慰謝料を支払う事が前提となっており、純粋に不倫をした場合の慰謝料から、DVをされていたという事実の分だけ慰謝料を引いていくことになります。

DVを働いた側の人が慰謝料を支払うことはないとうことになります。

 

ただ、当然不倫がなく、DVだけであれば、DVによる慰謝料を受け取ることはできます。このことからDVを受けており、生活が嫌になってしまった場合、DVを受けていることもとに離婚手続などに踏み切ったほうが良いでしょう。浮気や離婚をしてしまうことは被害者であるのに、自分を加害者のようにしてしまう非常におろかな行為となります。絶対にオススメしません。

(よほどひどいDVであれば、相談機関や保護施設に逃げ込む必要はあります。時には警察などに相談することも必要です。決して浮気や不倫というような手段は取らないように注意が必要です)

 

DVというのは身体的なものばかりではありません

DVというと殴るようなイメージがあるかもしれませんが、それは身体的暴力と呼ばれるDVの中のひとつとなります。

精神的な暴力、性的な暴力、そして社会的、経済的暴力も含まれます。このような暴力を受けている人はDVを受けていると言えるでしょう。DVがあるという事実は離婚事由になります。

そのため、家庭内の問題として押さえ込んでしまわず、しっかりと表に出していく必要があります。DVは隠せば隠すほどひどくなり、際限なくより凶悪なものになりがちです。非人道的なものになってしまったり、精神的な依存や、ストレスなどの精神的な問題に発展してしまうこともあり、なかなか厄介です。

 

外部にしっかりと相談し、(知人などでも良いですが、法的な機関、公的な機関に相談する事をオススメします)根本的な解決を図っていったほうが良いでしょう。

DVと不倫のように、一見してDVのほうが重い罪と捉えられがちですが、離婚というものから見ていくと、不倫のほうが責任が大きいと判断されることも珍しくありません。このことから社会的にみて、不倫というのは決して気軽に出来るもの、許されるものではないとういことになります。

離婚を推奨している人がいるとしても、日本の制度、文化上では決して推奨できないことをしっかり自覚することが必要です。安易に推奨している内容を受け入れてしまうと、自分が大きく不利になる、生活を大きく壊してしまうリスクがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る