不倫や浮気による慰謝料の存在

14

不倫や浮気によって慰謝料を要求する人は後を絶ちません。慰謝料というのは、裁判にならないと支払ってもらうことができないイメージがありますが、お互いが納得しているのであれば、別に裁判にしなくても慰謝料というのは受け取ることができます。

また慰謝料というのは、裁判には相場がありますが、個人間での話し合い(和解)であると、相場と言うのは存在しません。和解をしていくことができれば、裁判費用も掛からず、その分慰謝料に回していけるなどのメリットはあります。しかし逆を言ってしまうと、和解における慰謝料の相場というものはありません。自分達で納得できる金額を決めていくことになるので、しっかりと話し合わないと、慰謝料が少なくなってしまうことがあります。

 

一般的に慰謝料の相場というのはどの程度になっているのかというと、50万円から数百万円であることが多いです。これだけ幅が広くなっているのは浮気や不倫の条件や状況によって大きく変わってくるからです。

また夫婦の生活を継続していく場合には、慰謝料は非常に少なくなる傾向がありますが、逆に離婚に至る場合には慰謝料は高くなっていく傾向があります。

不倫や浮気をしていく際に、金額に影響をしていく要素としては、不倫相手の年齢、結婚期間、不倫をされた側の責任、不倫の内容など多彩となります。正直これはケースごとの違いがとても大きく、正確な金額をハッキリさせていくことは難しいです。

また大切になってくるのは、上記の要素を証拠として残しているかどうかです。

探偵に依頼をするというのも、上記の証拠を集めるためという意味合いが強くあり、証拠が多くあればあるほど、慰謝料を高くしていける可能性はあると言えるでしょう。

 

慰謝料を請求したいが、証拠がない場合

不倫の慰謝料の請求のトラブル、論争では証拠がどれくらいあるかが大きなキーポイントとなっていきます。しかしいつでも証拠があるとは限りません。

当然証拠を用意することができなくなってしまうこともあるでしょう。その際にはまずは浮気や不倫についてパートナーとしっかり話し合うことです。話し合うことができないと、証拠が不十分なままいきなり裁判などになってしまい、相手もとても大きな不信感を持ってしまいます。

不信感を持ってしまえば、不倫を認めるケースも減り、慰謝料の請求は難しくなってしまうでしょう。

話し合えれば、相手から和解の話が出てくることもあります。そうすれば証拠は必要ありません。しかり金額に納得できず、裁判を起こしていく場合には証拠は必要になります。

 

不倫や浮気をしている際の最大の問題点は、相手が認めてくれるかどうかです。認めてくれれば話はスムーズに進み、離婚をしなくてもすむケースもあります。

泥沼化しやすいのは、不倫を認めない、証拠を出せ、なおかつ離婚はしないというようなケースです。夫婦としての関係を戻すことも困難であり、離婚もできない、慰謝料も期待できないというような状況になってきてしまいます。このような場合、証拠があれば一気に優勢に立つことができますが、証拠がない場合には、非常に決着の付きにくい裁判になってしまうと言えるでしょう。

 

証拠は小さいものでも良い

証拠はどんなに些細なものでも数が集まるとそれによって大きな効果を得ることがあります。

そのためどんなに小さい証拠でもとりあえず数を揃えてみることが必要です。というよりも、大きな証拠がない場合、これが最大限できることとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る